おすすめ!夜行バスのシート

3列独立シートで広々夜行バスの旅

夜行バスのシートには様々な種類があります。最も広々と乗れるのは2列シートで、カーテンなどが付いている場合もあり、最も快適に夜行バスの旅を楽しむことができるのですが、思いのほか値段が高く、安く旅行するために夜行バスを利用している方にとってはメリットは小さくなってしいます。そこでおすすめなのが3列独立シートです。価格は2列シートの半額ほどになることもあり、安くて快適に夜行バスに乗りたい方にぴったりです。全ての席と席の間に通路があるので隣の人のことを気にする必要がありませんし、足も左右の通路側に伸ばすことができるので、前の席との間隔が多少狭くても足を伸ばして快適に過ごすことができます。安さと快適さを兼ね備えた最強のシートです。

4列ゆったりシートが最低ライン

絶対に安く夜行バスを利用したという方は4列シートを利用するかと思いますが、標準タイプの4列シートよりもゆったり4列シートをおすすめします。標準タイプは、前のシートとの間隔が狭く、窓側の席だと足を伸ばすことができないので、寝苦しい一夜になってしまうかもしれません。体が小さいから大丈夫と思っていても、後ろの座席に座っている客からシートを蹴られたり、前の座席のリクライニングが眼前まで迫ってきたり、不快な思いをすることも考えられます。ゆったりタイプであれば、前後の座席間のスペースは標準タイプよりも広いので、のびのびと座席を使えます。また、リクライニングの角度も大きく、標準タイプと比べると快適に過ごせるでしょう。安さを追求しすぎて、夜行バスの中で一睡もできないと、到着後に元気に過ごせませんので、最低でも4列ゆったりシートをおすすめします。